印刷データの作り方

写真は必ずご本人が用意されたものなど使用許可があるものをお送りください。利用許可を得ていない他人の写真などのご使用はご遠慮ください。

6画像ファイルの保存形式

データの保存形式は.jpg .tiff .eps .aiなどで。illstratorのファイルはフォントのアウトラインを作成してお送りください。
データ内容の確認のためキャプチャ画像を添付してください。
illustratorはCS5まで対応。それ以上のバージョンで制作されたデータはCS5におとして保存してください。
Word、Excelのデータは変換料1面1000円がかかります。

6フチまで印刷する画像の配置

名刺のサイズは91mm×55mmですが、端までキレイに印刷するために一度大きめに印刷してから断裁します。91mm×55mmピッタリの写真だと断裁の際ずれた場合に白が出てしまいますので、上下左右3mm大きく、97mm×61mmのデータをご用意ください。端3mmは切り落としますので予めご了承ください。

  • ベージュ色の部分は切り落としますが、
    印刷の際には必要となります。

※基本は上下左右に3mmの余裕を持たせて97mm×61mmですが、写真の端を3mmも切りたくないという方は、91mm×55mmの仕上がりサイズから最小で1mm余裕があれば大丈夫です。

<使用する写真の解像度について>

キレイに印刷するためには350dpi程度の解像度が良いと言われています。200dpiを下回ると目で見て粗いのがわかるようになってきます。
97mm×61mmで350dpiの解像度=1337×841pixel
97mm×61mmで200dpiの解像度=764×480pix

<JPEGの圧縮率>

多くのデジカメはRawモードとTIFF、JPEGで撮影した画像を保存しています。Rawは画質が高く容量が大きい、TIFFはその次、JPEGは圧縮し容量が少ない代わりに質が落ちます。プロカメラマンでなければJPEGで撮影される方が多いと思いますが、JPEGには圧縮率という概念があり、圧縮すればするだけ画質が悪くなります。印刷の際にははっきりわかる程の問題ですので、撮影・画像加工時にはご注意ください。

<デジカメの画質設定と画像サイズについて>

機種によって違いがありますが、参考までにだいたいですが、
★Nikonでは
画質モードに、FINE、NORMAL、BASICの区別があります。FINEがおすすめ。画像サイズは、L、M、S。名刺であればSで十分です。
★Canonでは
画質にはファイン、ノーマルがあり、ファインがおすすめ。画像サイズはラージ、ミドル、スモールがあり、名刺ならスモールでOK

※撮影した写真の一部を拡大して名刺にするような場合は、S、スモールではサイズが不足する場合もあります。

問題になりそうな場合はご連絡いたしますので、心配ありません!

6ディスプレイ画面の色と印刷の色

デジカメやパソコンなどのディスプレイ画面の色はRGBという赤緑青の三つの色が光ることで表現されています。

一方、名刺はCMYKという4つの色のインクで印刷され、周りの光を反射して色が見えるだけでそれ自体光っているわけではありません。

そのためディスプレイ画面で見ている色よりもやや暗くなり、特に派手めな色については画面で見るのとは違いが大きくなりますので、予めご了承ください。

写真データが準備できたら、ご注文フォームからお送りください!

  • テンプレートから選んで名刺印刷
  • ご自分で作ったデータで名刺印刷
eprint 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-17-5越後屋ビル2F
TEL03-3989-3670